文字の大きさ 
  • 小
  • 中
  • 大
お問い合わせ
手術のご案内

手術室

 > 手術室

お問い合わせ

お問い合わせ


お問い合わせ

交通アクセス

〒196-0022
東京都昭島市中神町1260

大きな地図で確認する

外来診療担当表

  • 各診療科のご案内
  • 看護部のご案内
  • 訪問看護のご案内
  • リハビリのご案内
  • 手術のご案内
  • 検査のご案内
  • 面会の方へ

手術室

当院手術室では、年間約600件の手術を行っています。そのうち麻酔科管理症例は約500件です。
手術室専任看護師 麻酔医 担当科が中心となり薬剤科、放射線科、検査科とも連携し手術を効率よく安全に行うため努力しています。
手術という特殊な環境のなかで出来る限り患者さんのストレスの軽減が出来るよう努めています。
また、手術室稼働の効率化、リストバンドによる患者確認などリスク管理を課題とし安全、安心な手術環境を提供出来るようスタッフ一同日々研鑽しています。

写真
手術室

手術室設備

  • 全身麻酔装置
  • 患者監視モニター
  • 自走式電動手術台
  • 鏡視下手術装置(腹腔鏡、胸腔鏡、間接鏡等)
  • 電気メス
  • 超音波凝固切開装置
  • エンシール(凝固切開装置)
  • タンニケット
  • Cア—ム
  • 気管支ファイバースコープ
  • 患者体温維持装置

手術麻酔について

当院は麻酔医による安全な麻酔管理を第一に考え、少しでも術後の痛みを軽減出来るように診療にあたっています。

全身麻酔

麻酔ガスの吸入や点滴からの麻酔薬を使用して麻酔を維持する方法です。
呼吸は基本的に気管チューブを気管に挿入し人工呼吸器によりこきゅうを管理します。手術終了に合わせて、覚醒させます。どのような手術時間にも対応可能であり手術途中で麻酔が切れてしまうことはありません。

腰椎麻酔

脊髄に作用させ痛みが大脳へ伝わらないようにする麻酔法です。主に下半身を麻酔する方法です。下腹部以下の手術済に行います。

術後鎮痛/硬膜外麻酔について

術後の痛み止めとしては点滴からの鎮痛剤の投与や、筋肉注射、座薬などの方法があります。しかし大きな手術(侵襲の大きな手術)の場合は効果が不十分です。
当院では出来る限り痛みを緩和するために硬膜外麻酔を併用し術後の効果的な痛み止めとして利用しています。